大阪府N様よりオーダー、カウンターテーブルの天板

オーダー
棚板・天板
 Nice Interior
こちらの天板は → 天板アイテム  > カウンターテーブル天板(メラミン化粧カラー)  
  
 ≫ 10 11 12 13 14  
 
       
 
 

 カウンターテーブルの天板(エンボス調・梨地)

 13
    ナイスなお部屋づくり、大阪府 N様
 
 
  撮影 大阪府 N様
  
 形状  C-1 (2角を150R角丸仕上げ指定)  参考形状を見る
 サイズ  W(巾) 1800×D(奥行) 600×T(厚み) 30  
 構造・仕様  天板用フラッシュ構造  
 仕上げ材  天面・アイカメラミン化粧板 K-6000KN(エンボスタイプ)
 裏面・ポリ合板 RB-5414
 
 小口の仕上げ材  アイカメラミン化粧板 K-6000KN  
 小口の仕上げ箇所  小口の周囲すべて仕上げ  
 角(コーナー)部分の仕上げ  化粧コーナー150R角丸仕上げ(2角)
 壁付きコーナー直角仕上げ(2角)
 
       
       
    色々とお手数をおかけありがとうございました。
カウンタテーブルとして無事施工する事ができました。
天板の梨地も思ったより細かく気に入りました。
自分なりにベストな組み上げになったと自己満足しています。
写真を添付しておきます。

大阪府 N
   
今、メラミン化粧カラーで人気がある
アイカ カラーシステムフィット <K-6000KN>
 
  撮影 大阪府 N様
 既存の家具をうまく利用され、スッキリと使いやすいカウンターテーブルが完成いたしましたネ。
天板一枚で、きっと奥様の家事作業が楽しく効率的になる事でしょう。素晴らしい。!!!
 
  撮影 大阪府 N様
エンボス(梨地)タイプのメラミンは見た目が
上品で柔らかな雰囲気に仕上がります。
 
 
   撮影 大阪府 N様
デザインが良くて安価に手に入る家具を探し、自分スタイルにデザインしたお気にりの天板を付ける。
きっと、使いやすくて素敵なカウンターテーブルの完成ですよね!!! ふと思いました。
 

カウンタースタイルの天板作り/ワンポイント

 最初に形状とサイズを決める 
       
    カウンターやカウンターテーブルの天板を作る場合、自由な発想と平面レイアウトのチェックが必要になります。
計画を進めている場所に設置すれば、必ず動線が変わり廻りのスペースの使い勝手にも影響いたします。その為にも、部屋全体のレイアウトを考慮した天板の形状とサイズを決める必要があります。

全体的なイメージが固まれば次に使用目的に必要な天板のサイズが確保できるかどうかで価値観がまったく違ってきます。
ただ単に天板のサイズに余裕を持たせても、廻りにのスペースに影響がでるようでは困ります。これらの事を充分に検討した形状とサイズにする事が最も大切なポイントになります。
 次にカラーとディテールを決める 
       
      天板の形状とサイズがある程度固まった段階で素材と細かなディテールを考えていきます。
素材(メラミン化粧板)には、単色カラー・木目調・石目調・布目調・メタル調・レザー調・パターン調と多彩なバリエーションがあります。また素材(品番)によって表面仕上げに「少しツヤがあるスタンダードタイプ」、「ツヤ消しタイプ」、「鏡面に近い艶有りタイプ」、「エンボス(梨地)タイプ」などがあります。

カラー、柄、テクスチャー(表面仕上げ)とお気に入りの組み合わせで素材(品番)を決めていく事により、おしゃれで完成度の高い仕上がりを可能にする事ができます。必要に応じてサンプルをお送りいたします。お申し付けください。

もう一点、素材を決める場合に考えなければならない大切な事がディテールになります。
直線を主体にしたシャープな天板にするか、曲線やアールを取り入れた柔らかい雰囲気の天板にするかによって仕上がりイメージは随分変わってきます。ただ単に天板の素材や形状に凝るのではなくお部屋のインテリアに似合った、カウンターやカウンターテーブルとして仕上げる為にも、以上の事を参考に挑戦してみてください。。
 経済的に仕上げる為に 
       
      ・サイズ
メラミン化粧板や合板類は、3×6尺(900×1800ミリ)と4×8尺(1200×2400ミリ)の企画サイズで大方のメーカー(アイカ工業等)より販売されています。
私たちが、お見積りや製作をする場合、化粧板類はすべて一番効率よく使えるサイズで仕入れています。経済的な価格で仕上げる為にも、可能であれば材料の無駄を無くした天板サイズにする事もポイントの1つになります。

・厚み
木工の機械類は一般的に厚み60ミリまでの加工に対応できるようになっています。60ミリ以上の加工をする場合は手仕事の割合が増え工賃が高くなってしまいます。うまく機械を使えば製作時間を短縮する事でき価格も抑える事ができます。
天板用フラッシュ構造にすれば価格に対して芯材の占める割合は少なく、厚み30~40ミリ程度であれば芯材の金額差は大きくありません。

・仕様/構造
カウンターやカウンターテーブルの天板類は比較的大きめのサイズが必要になります。
その為に全体に芯材が入ったベタ芯構造にすれば非常に重くなり、工賃や運搬などに余分な費用が掛かり割高になってしまいます。できれば天板用フラッシュ構造をおすすめいたします。
自信が持てない場合、迷った場合、ささいな事でも
お気軽にお問い合わせください。
   

 ■ カウンター天板、カウンターテーブル天板

   
   
 
   
  オーダーメイドで作るカウンターやカウンターテーブル天板に、形や決まりはありません。必要な場所に最適なデザインで計画をする事をおすすめいたします。

目的に似合った天板を取り付けるだけでスペースを有効活用でき、快適でオシャレなスペース作りにも随分役立ちます。

お客様だけの素敵なお部屋づくり。
お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
 
     
 
   
         
 
  
ホーム 会社案内 アクセスマップ  サイトマップ プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記|棚板 お問い合わせ
手作り家具工房ジャポニカ 徳島

TEL 088-644-1684 FAX 088-644-1755  
9:00~20:00  (年中無休)
 サイト運営
(有) ジャポニカインテリアデザイン室
 
〒779-3133 徳島県徳島市入田町大久202番地の1